ウォーキングやジョギングの効果

普通ダイエットと言えば、太った人が痩せることを目標に、いろいろな手段をこうじることを指しますが、

いろいろな手段とは、どういったものがありますでしょうか。

カロリーの高い、食べ物

身近なことで言えば、食べ物なんか当てはまりますね。

お肉や甘いもの、炭水化物なんかカロリーが高いものが、生活の中で山とあります。

テレビではこういうものを控えて、質素な食べ物にすることが叫ばれています。

しかし、どうでしょう、そんなに急に言われても、昔から染みついた習慣を直すことは難しいことだと思えてなりません。

短気な人、真面目な人、大雑把な人、温厚な人など、それぞれ人によって性格も違うし、考え方も違いますね。

美容整形によるダイエット

また、見た目を短期間でよくするために、太っている人は美容整形などの脂肪吸引という技術で、

一気に痩せたりして満足している人も見かけます。

でもこういう短期間で一気にダイエットする方法は、後々その人にとって、後悔することとなります。

太っていることは病気ではありませんので、

美容整形のちょっとした技術の差が、その人の顔を明るくさせるか暗くさせるか分かれますね。

体にメスを入れるということは、体に大きな負担を負わせるということになります。

そうです、リスクがあるのです。ですので、こういうリスクを避けるために、

運動をした方が良いという風潮に世の中が変わってきているのです。

基礎代謝量の減少が太る原因

人間は誰でも基礎代謝量というもの、つまり動かないでいても内臓などの臓器が生命を維持するために動いています。

歳が10代、20代、30代のころまでは、静かにしていても、基礎代謝量が活発で、基本的に太りにくい体質になっています。

しかし、歳を重ねるごとに、次第に基礎代謝量が落ちてきて、太る原因にもなっています。

よく昔から中年太りと言われているように、40代のころから何もしないでいるとお腹などの腹部周りが太りだして、格好が悪くなってしまうんですね。

ですので、中年以降は太ることだけではなく、加齢や病気や筋肉の衰えなど、いろんな面で若い時より免疫や代謝の機能が落ちてきます。

ウォーキングやジョギングの効果

ラジオ体操なんかは、一般大衆に普及されている体操で、この体操をすることは良いことですね。

しかし、今の世の中、時間に追われ、ストレスが溜まる社会でもありますので、なかなか体操をする時間がないという人々も多いです。

そこで言いたいのが、まず歩くことを薦めたいです。人は足から弱ってくると昔からの格言がありますが、

歳をとってくると誰もが歩くのが億劫だ家でテレビを見ていた方が楽だと言い訳をして、なかなか歩こうとしません。歩かないから足が弱るのです。

足の筋肉が衰えるから、足腰膝が痛くなってくるのです。

簡単で健康的な方法が、ウォーキング

一番簡単で健康的な方法が、ウォーキングをする歩くことです。

ウォーキングをすることによって気分も爽やかになり、良い汗をかき、程よい疲れが心身ともに健康的にしていくんですね。

また、ウォーキングより少しレベルアップしたものが、ジョギングなんです。

ジョギングで有酸素運動をするので、内臓を覆っている横隔膜や呼吸筋が鍛えられます。多少の負荷が体にたまっているカロリーを消費してくれます。

すると健康的な痩せ方をするので、見た目がアップして周りの目を引き付けることができますよ。

ジョギングによる有酸素運動を毎日の生活の中に取り入れて、体の免疫力を上げて、生活の質を高めていきませんか。