インソールで痛み対応、再びジョグへ

心身共に絶好調時の矢先のケガ

今年の2月後半に左足底腱膜炎を発症して以来、全く怪我らしい怪我はなかったのですが、今年11月2日に右足底腱膜炎を発症しました。

10月があまりに体調的にも良かった時だし、このまま体重も減ってスピードも増して走ることが可能になり、

またマラソン大会にも出場できるなんて喜んでいた矢先の怪我なんです。

2月の左足底腱膜炎は1週間ほどで治りましたが、今回の痛みの症状の詳細を言うと、今回の右足底腱膜炎は、ちょっと厄介でした。

かなり痛みが響きます~右だけでなく、左足底腱膜炎も若干左淵側を痛めていたようでしたが、

こちらはそんなに気を揉むような痛みではなく、この痛さだったら、走れるという程度のものでした。

しかし、右の方は繰り返すようですが、かなり痛めているようで、右後方内側に痛みの中心が来ていて、なかなか治りずらいと感じました。

ケガを理由にダイエットを止めたくない!

だからと言って、このまま痛いから走れなく、太ることを容認していれば、去年の10月から始めて、

やっとの思いで10kg減った体重を易々と増えさせるわけにはいきません。

このまま自分の気持ちが痛みで押しつぶされれば、ダイエットするという緊張の糸が切れて、

前回リバウンドしたときと同じ状況になってしまうと思いました。

体重の現状維持で考える

数年前、59.5kgまでダイエットでき、それが精神的に参るような出来事が起き、

1年半で15kgリバウンドして、75kgまでになってしまったのだから、本当に悔やみきれない思いでした。

今回はこのようなことが二度と起きないように、現在必死になって、体重の現状維持に努めているところであります。

とにかく足の痛みと相談しながら、ウォーキングでも良いから最低1週間にいっぺんは体を動かすこと、これを抜きにすることはできません。

クッションインソールで踵の痛み対応

一昨日、踵の痛みを軽減するというクッションを頼んでいたものが届きました。かかと クッション インソールというものです。

早速、取り出して、踵に取り付けてみました。やや吸盤みたいな接着力はあるのですが、うまく踵にフィットしません。

ですので、踵にそのクッションを取り付けた後、靴下を上からはくような感じで動かないようにいたしました。

安物なので、期待している商品とは思っていなく、全く痛みがなくなるというものではなかったのですが、

試着しているうちに次第に痛みが緩和されて、少しゆっくり走ってみようかなぁという気持ちにさせてくれました。

試行錯誤の末、再びダイエットへ

そこまでなるには、足の踵と靴下の間に、うまくシリコンのクッションインソールがフィットしなくてはなりません。

試行錯誤したのちに、うまくフィットしました。フィットすると劇的に痛みが緩和しました。

この商品に対する評価やコメントと同じ、満点の評価をしたいくらい痛みが緩和しました。

これなら翌日、無理をしなければ、ウォーキングやジョギング程度ならできると思い、

昨日、1週間、離れていた自分のジョギングコースへと朝早く行きました。

冬で日の出の時間が遅い

そして、翌日朝なんですが、もう冬ともあって、朝の日の出時間が大阪ではAM6:50分となっていて、夏のように出発していくと、外が真っ暗な中走らなければなりません。

ですので、日の出時間より少し早く出ていけば、ちょうど朝日が昇る頃にあたって、気持ちよくスタートできると思い、AM6時過ぎに出発いたしました。

河川敷までは、いつもと同じように車でタイムズまでの駐車場まで行きました。

軽いジョグならOK!痛み戻りも軽い

車から降りて、ウォーキングを始めると痛みは気になるほどの痛みでなく、これなら約1時間ほどだったら、ウォーキングやジョギングができると確信して、ゆっくりと行いました。

ウォーキングとジョギングを繰り返していくうちに、足の血行が良くなったのか軽いジョグ程度だったら、大丈夫になり、そのまま約50分ジョギングし続けました。

歩数計では、8215歩ウォーキングやジョグをしていたようで、歩行距離は5339m、歩行時間49分、消費カロリー624kcal消費となっていました。

無理をせず、できるところから復活を目指して頑張りたいと思いました。